​UNHCRへの質問書

2022年7月15日、入管闘争市民連合から、「国連高等難民弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所」に対して質問書を提出しました。

質問書の内容は、UNHCR駐日事務所の元代表、国連UNHCR協会特別顧問を公言する滝澤三郎氏のSNSや著書、マスメディアでの主張についてです。滝澤氏の主張は、日本の難民受け入れや入管問題の実態に大きく反する内容であり、入管闘争市民連合として看過できるものではありません。滝澤氏がUNHCR駐日事務所の元代表の肩書を公言していることから、滝澤氏の発言に対するUNHCRとしての公式見解を求めるため、今回の質問書の提出に至りました。

提出した質問書および参考資料は以下のリンクよりご覧ください。

UNHCRへの質問書(2022年7月15日)

参考資料1(滝澤氏のFacebook記事)

​・参考資料2(「難民認定者が少ない理由」滝澤氏著)

正しい解決を求めていきましょう

私たちは、会員を募集しています。会員向けにメールマガジンを通じて、最新の情報や、支援活動の案内を行っています。正しく実情を知るということも、支援につながる大きな一歩です。一人でも多くの世論の声が必要です。ぜひ、実情を知り、解決を求めて一緒に取り組んでいきましょう。

お問い合わせ

東京都新宿区西新宿 0-0-0

送信が完了しました。

PXL_20210925_044854610.jpg