検索
  • shizuoka2020

【ウィシュマさん国賠訴訟】9月14日裁判 記者会見報告

9月14日、名古屋地裁にて、名古屋入管ウィシュマさん死亡事件国家賠償請求訴訟の第3回口頭弁論が行われました。今回も80人以上の方が全国各地から傍聴に来てくださり、傍聴席を埋め尽くしました。今回の弁論では7月20日に提出された被告(国)の準備書面・意見書に対する原告(ご遺族)の準備書面が提出されました。





裁判の状況:裁判長から、5時間分のビデオ開示の勧告。しかし、国側は「検討します」のみ。

原告のご遺族は、ウィシュマさんが収容されていた単独室の監視カメラのビデオ映像全て(295時間分)の証拠提出を、提訴時から求めていますが、被告である国側は、必要性があると言うなら、映像のどこの部分が必要なのかを、具体的に指定すれば開示を検討すると言っていました。ビデオを全て見ていない原告側に対して、必要な部分を具体的に示せ等と言うのは、嫌がらせに近い話です。国側の、ビデオ映像の全ての提出を拒否する理由は全く成り立っていません。

今回の第3回弁論で、裁判長から国側に「証拠保全で原告側が見ている5時間分のビデオについては、提出するべきである」と勧告が出されました。しかし、国側の回答は「検討します」という一言で、それ以外はビデオの証拠提出に言及しませんでした。裁判においては、裁判長の命令に従わなければなりません。しかし、被告側の方が偉いかのような態度をとっており、裁判長の勧告に従わない態度は極めて不当です。

その他、書類の提出期限についても、国側は、通常1、2か月で準備できるものを、3か月後の次回期日(12月12日)には間に合わないと言い、裁判長が通常の裁判よりも強い口調で何度も、11月14日に書類を提出するように指示しても、「検討します」と難色を示し、ごねた挙句、最終的には「11月18日でお願いします」と言い放ちました。原告側だけでなく裁判長をも軽んずるような態度に、傍聴席からも何度も失笑や非難の声が挙がりました。

国側は、家族を失った被害者であるご遺族を前にして、謝罪も反省の言葉もなく、裁判の迅速な進行に協力するどころか、まっとうな理由なく遅延させ、あげくには裁判長の訴訟指揮にも素直に従おうとしていません


ご遺族の訴え:国側の態度が極めて偉そう。日本は法治国家なのか!?

裁判に参加したウィシュマさんのご遺族は、国側の態度に対し、「裁判官から言われても偉そうに、『検討します』と言う。はっきり言ってばかばかしい。」、「日本は本当に法治国家なのでしょうか!?」、「姉を殺してしまっていて、言い訳をするなんて許せない!」と非常に憤慨しています。


次回第4回口頭弁論の呼びかけ

第4回口頭弁論は12月12日(月)15:00~名古屋地裁にて行われます。ウィシュマさんがなぜ亡くなったのか、真相解明をするためには、生前のウィシュマさんの様子や収容施設内の状況が分かるビデオ映像の全面開示が絶対に必要です。今回のような、ウィシュマさんやご遺族を軽んじるような態度を、国側に二度ととらせないように、ご遺族を支え、日本社会の世論として、国側、入管を包囲していかなければなりません!

引き続き裁判傍聴など、ご支持・ご協力をよろしくお願いいたします。




閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示