top of page
  • ntsiminrengo

11.23ウィシュマさん死亡事件裁判報告・交流集会 報告②

2022年11月23日に、ご遺族、ウィシュマさん弁護団、学生・市民が名古屋の会場とオンラインで集まり、ウィシュマさん死亡事件の真相究明・再発防止に向け、より支援の輪を広げていくことを目的に、集会を行いました。

本記事では、集会での、ウィシュマさんの妹さんふたりと、支援者の挨拶について、報告したいと思います。


ウィシュマさんの妹であるワヨミさん、ポールニマさんからは、集まった支援者、学生、市民に向けて感謝の言葉と、真相究明、再発防止に向けた力強い意見表明がありました。


以下、おふたりの発言を一部載せます。


ワヨミさん

亡くなった私の姉のために、みなさんが協力してくれているのは本当に心から感謝をいたします。姉に正義を行うために真相究明するために頑張ってくれているし、私たちの背中を押してくれるのは本当にありがたいんです。私と家族は、皆さんに頭を下げて、心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。


ポールニマさん

日本の皆さんも弁護士の皆さんも本当にありがとうございます。悩むことがないように私たちの面倒を見てくれているのは本当にありがとうございます。

…私たちが会った人たちとか、会ってない人も含めて、姉の正義を行うために闘ってくれて、言葉で言えないほど、ありがたい気持ちでいっぱいなんです。

…収容されてる最中に姉の命が奪われたんです。二度とこういうこと起きないように入管の制度変えるのはもう、絶対なんです。

…今まで、私たちの背中を押してくれたみたいに、これからもよろしくお願いします。ぜひ闘いますので、絶対負けないんです。ありがとうございました。



妹さんふたりの挨拶の後は、名古屋を中心に学生支援者や市民から意見表明がありました。


学生、市民からは、唯一のお姉さんを失った妹さん2人を目の前にして、裁判を引き伸ばすような対応、横柄な態度をとる被告の国側に対し、「絶対に許せない」と憤りの声があがりました。また、ウィシュマさん死亡事件から1年半以上が経ったにも関わらず、各入管局の収容施設の中は何も変わっていないと、現場で活動する支援者から具体的な報告がありました。


集会の最後は、今後も引き続き、徹底してウィシュマさん死亡事件の真相究明と再発防止に向け、みんなで声をあげていくことを全体で確認しました。


今回報告した集会などの企画への参加、裁判傍聴、署名…できることはたくさんあります!何かしたいと思っている方、ぜひ、私たちと一緒に声をあげましょう!


閲覧数:16回0件のコメント
bottom of page