検索
  • shizuoka2020

9月4日全国一斉アクション

 9月4日、「入管の民族差別・人権侵害と闘う全国市民連合」が主催となり、①入管法改正案の提出阻止、②ウィシュマさんのビデオの全面開示を求め、全国各地(札幌、山形、仙台、高崎、東京、浜松、名古屋、京都、大阪、高知)で一斉アクションを開催しました。

 この日、ウィシュマさん死亡事件の現場である名古屋では、ウィシュマさんの妹さんであるポールニマさんが駆け付け、東京の行動にはワヨミさんが一緒に行進してくださいました。ポールニマさんからは「姉が亡くなってから1年以上が経つのに、これだけ多くの人が関心をもって行動してくれるのは嬉しいです。」「入管は、姉が亡くなったのに責任がないと言うのはおかしいです。これからも声を上げていきたいです。」という切実なメッセージがありました。

そして、仮放免者やその家族も一緒に行動し、全国各地で合計約500人が「入管の差別を許さない!」「入管はウィシュマさん死亡事件の責任逃れをするな!」などと力強く声をあげました。


 この行動の直後、9月7日に共同通信から、今年の臨時国会で再提出が予想されていた改悪法案の提出が見送られたとの記事が出されています。まだ気は抜けませんが、9月4日のアクションが大きく影響して、入管法改悪法案の提出を断念させたことは間違いありません。

しかし、これで入管施設内の被収容者の処遇や仮放免者の生活が良くなる訳ではなく、まだ道半ばです。引き続き、市民の力で根本的解決を目指して、当事者と共に行動していきましょう!


各地の行動の様子

東京、大阪、名古屋での行動を紹介します。


 関東行動の様子

 


“今回の東京デモは多くの無関心層にこの問題を知ってもらうきっかけとなりました。

歩道から声をかけてくれたり、動画を撮っていたり、途中からデモに加わってくれる方もいました。

今後もみんなで団結して道理ある当事者の立場に徹底して立ち、当事者に連帯して声を上げていきましょう。“


 東海行動の様子



“名古屋でも、栄周辺でデモ行進を行い、約70名の方が参加してくださいました。また、ウィシュマさんの妹さんであるポールニマさんが名古屋に駆け付け、一緒に行進してくださいました。全国一斉アクションをはじめ、裁判傍聴などに参加してくださった方などのご支持、ご協力に心より感謝申し上げます。完全な廃案に追い込むまで、より一層団結し、声をあげていきましょう!!!”


 関西行動の様子



“私たちは入管法改悪を阻止するため、またウィシュマさんのビデオの全面開示を求めるために今日集まっています。そして入管は収容所にいる人々、仮放免者、日本に来てくださっている外国の方々、全ての人に対して人権を正しく守ってください。”


今後への呼びかけ

 今後入管は、来年の通常国会では再度提出を狙ってくると思います。完全な廃案に追い込むまで、より一層団結し、声をあげていくことが必要です。そして、私たちの運動の最終的な目的は入管法案提出阻止ではありません。入管闘争市民連合は、その先に、全国の仮放免者、在留資格を得るべき人々が在留資格を獲得できるよう取り組み、引き続き入管問題を私たち日本社会の問題として訴えていきます。ぜひ、これからも一緒に声をあげていきましょう。


閲覧数:50回0件のコメント